TOPWORKINTERVIEW09

MANAGEMENT

管理本部 総務部
名古屋総務課 主任

K.I

2011年入社 文学部卒

イメージ

Q仕事内容を教えてください

現在、総務部で労務関係の業務を中心に行っています。具体的には、賃金に関する給与計算や勤怠処理、福利厚生にあたる持株会業務、社会保険に関する業務など幅広い業務に従事しています。

イメージ

仕事の魅力・やりがい

総務には様々な業務があり日々変化も多い反面、ルーチンワークも多くあります。そのような業務に関しては、「どうしたら効率良く業務ができるか」を日々考えながら行っており、効率良く業務を行う方法を見つけた時や、自分が思っていたよりも早く業務が片付いた時にやりがいを感じます。また、任せてもらえる仕事が増えたり、部下や後輩から頼られたりすると自分自身の成長を感じることができます。総務は「従業員にとって仕事のしやすい環境を整える」ための大切な役割を任されていますし、会社の顔とも言える部署ですので大きな責任感を背負うこともありますが、他部署の従業員から頼りにされた時や、感謝を伝えられた時は総務の仕事をしていて良かったと実感します。

イメージ  
イメージ

Q学生時代の知識は
役に立っていますか?

業務上の知識は入社してから覚えたものが大半で、学生時代の知識はあまり役立っているとは思いませんが、総務の業務は社内・社外問わず多くの方々とやり取りする機会が多いため、学生時代のサークル活動やアルバイト等で培ったコミュニケーション能力が役に立っていると思います。

イメージ
イメージ イメージ イメージ

Q達成談はありますか?

毎月作成しているデータで編集に時間のかかるものがありましたが、データ構成の見直しや後工程の作業において必要な情報を追加する等の改善を行い、業務を効率良く行えるようになった時は達成感がありました。

Q失敗談はありますか?

総務部の業務では、他の多くの部署に関係する業務に携わることがあります。そのような業務に携わる場合、事前準備と情報共有が重要となりますが、情報共有を上手く行えておらず進行が遅れてしまったことがありました。現在では情報共有を密に行い、同様の失敗を起こさないように心掛けています。

イメージ

今後のビジョン

現在は主任という役職ですが、今後は上位の役職へステップアップしていきたいと考えています。そのためには経験を積んで、例えば株主総会の準備・運営など、より幅広い総務の業務に関する知識を身に付ける必要があると思っています。経験のない業務にも積極的に取り組んでいきたいです。最近では部下や後輩に仕事を教える機会も増えてきました。一人前の社員に育てていくことも今後の目標の一つだと思っています。それに部下や後輩のできる仕事が増えていく様子を見るのはなによりも嬉しいですし、自分自身の原動力にもなります。また、他部署の方からも、何でも気軽に相談できる「頼られる存在」になっていきたいと思っています。

イメージ

就職活動生に向けてのメッセージ

総務は会社の縁の下の力持ちとなる部署なので、サポートする立場が好きな方やコツコツと取り組む業務が好きな方、また、社内の方とはもちろん、社外の方とも多く関わる部署でもあるので、人付き合いが好きな方は総務に向いていると思います。総務の業務は多岐にわたるので大変なことも多くありますが、会社の組織を裏で支えている実感を味わえることは総務ならではの魅力だと思います。

weekend イメージ

休日は音楽を聴いたり、盆栽を育てたりとゆっくり過ごす日もあれば、ロードバイクで出かけたりするなど体を動かし、アクティブに過ごす日もあります。

企業HP