TOPWORKINTERVIEW06

ENGINEERING

エンジニアリング事業推進本部
岡崎技術部 1課

Y.A

2006年入社 工学部卒

イメージ

Q仕事内容を教えてください

1年半前からグループ会社のバイナスに出向し、現在は工場などで使うロボットを動かす装置の設計やプログラムを行っています。ロボット本体はメーカーから購入していますが、ロボット本体だけではお客様が実現したいことができません。お客様の要望をヒアリングし、仕様を決め、ロボットを中心とした装置として作り上げることが私の仕事です。例えば最近では、大手自動車部品メーカーの工場で使用する、荷物を無人で搬送するロボットのプログラム作成を担当しました。人や機械から呼び出されると走り出したり、指定した場所まで荷物を運ぶことができます。

イメージ

仕事の魅力・やりがい

新しいロボットに触れる機会も多く、最初は「このロボットはどう操作するのか」ということもあります。プログラム作成を進めますが、自分の思い通りに動かないことが度々あります。しかし、プログラム修正を繰り返し行い、ようやく自分の思い通りにロボットが動いた時は非常にやりがいや達成感を感じます。また、出来上がった装置に対してお客様からお褒めの言葉をいただいた時は、この仕事をしていて良かったと心から思える瞬間です。

イメージ  
イメージ

Q学生時代の知識は
役に立っていますか?

電気電子工学科で学んだ知識は実際に今の仕事に活かされている部分もありますが、実務を行いながら学ぶことも多々あります。

イメージ
イメージ イメージ イメージ

Q達成談はありますか?

大手電機メーカーに出向していた時の話になりますが、新機種に音声を出力する機能を初めて搭載することになり、その製品の開発から品質管理まで携わった経験があります。開発中は、試作機から思った通りに音声が聞こえないなど問題にも直面し、試行錯誤をすることもありました。また、誤作動がないかどうかを確認する製品評価試験も行い、合格となるまで長い時間がかかり大変苦労しました。しかし、自分が携わった製品が実際に世の中に販売されているのを見ると、なんとも言えないくらい感動したことを今でも覚えています。

Q失敗談はありますか?

失敗談としては、東京ビックサイトで開催される展示会向けに、新しいロボットをアピールするための装置を作ったのですが、納期が1カ月と非常に短く遅れそうになったことです。初めてロボットに携わったということもあり、自分でスケジュール管理ができませんでした。とにかく先輩に聞きながら見様見真似で必死に作り上げ、なんとか間に合わせることができました。

イメージ

今後のビジョン

まだまだ経験が浅く、現時点では知らないことの方が多いため、様々なことにチャレンジして経験を積み、幅広い知識やスキルを身に付けたいですね。また、最近では後輩が増えてきましたので、先輩として後輩の教育にも力を入れたいと考えています。仕事に必要な知識やスキルはもちろんのこと、この仕事のやりがいや楽しさなども伝えていきたいと思っています。そして、いつか自分を筆頭にメンバーで大きな仕事を任されるようになることが今の目標です。

イメージ

就職活動生に向けてのメッセージ

就職活動は非常に大変だと思いますが、様々な会社を幅広く見ること、自分自身で可能性を狭めないことが何より大切だと思っています。現時点でやりたいことが明確でなくても、会社に入ってからやりたいことが必ず出てきますし、そういう意味ではCDSは業務が多岐にわたっていますので、やりたいことが見つけやすい会社だと思います。CDSには失敗を恐れず新しいことにチャレンジしようという環境がありますので、自分自身を成長させることが可能ですよ。

weekend イメージ

趣味はドライブ、旅行です!夏には高知県の綺麗なエメラルドブルーの海に遊びに行きました。

企業HP